• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまらなくなったTV

こんにちわ。

今年の年末年始は割とバタバタしてました。

結婚して始めて迎える正月ということもあり、両実家への挨拶などあり。

まあそれでも、家にいる時などはテレビを見てゆっくりしようとしてたんけど。

ただ、見たいと思える番組が少ない・・・。
特にバラエティーが全般的に面白くない。

ただ芸人が騒いでるだけ。。
どの番組も同じようにみえる。

自分も年とったせいもあるかもしれない・・。
ネットなどの新メディアの台頭もあるだろうけどね。

それでも、テレビ離れは進んでいるのは事実。

結局は、視聴率重視の番組制作が、テレビをつまらなくしているのではないか。

内容のある番組を正しく評価する、新しい評価基準が出来たら変わるんじゃないかと。
CMを流すスポンサー獲得にも影響を及ぼす、新基準を作るべきかと思える。

あとは、ここ一番でCMが入るのも見てて不愉快。
いい気分しないから余計見なくなるんだよね。。

まあ、独りの戯言で改善されるとは思わないけど。

早く春になってプロスポーツが始まらないかなぁ~と思う新年の今日この頃。。

スポンサーサイト

ニュース速報のあり方

こんにちわ。

今日はメディアについて。

TVを観ていると、時たまニュース速報が流れる。
その数は、一チャンネルで年間数百回と意外に多いらしい。

でも、これは速報で伝えなくてもいいだろう~と思う事もしばしば。
正直、ジャマ!と思う事もよくある。

ニュース速報で取り上げるニュースは、天災など、今起こっている、
或いは近い未来に予測される、生命に重大な影響があるもののみでいい。
加えて、極めて大きな事件や、交通機関の状況などが加われば十分。

そもそも人により、関心・関係のあるニュースは違う。

例えば、個人的には芸能ニュースなど、どうでもいい。
例え業界の大きな話題でも、そんなの後で知ればいい。
速報の必然性がない。

一方、自分にとっては為替変動こそビックニュース。
10分足らずの間にドルエンが1円動こうものなら、結構な影響を受ける。
こちらは速報値こそ重要。

人それぞれ、求めている情報は違う。
なので、ニュース速報を連発する必然はない。
効果も薄まるしね。

最も不要だと思うのが、選挙速報。

NHK大河ドラマ『龍馬伝』の最終回、クライマックスの龍馬暗殺シーン。
話題となった、場が冷めた当選確実テロップ・・・。
NHKには非難殺到だったらしい、、、当然だ・・・。

今の『江』を観ていても、しばしば選挙速報が流れる。
日曜の夜8時、ちょうど開票結果が出る頃、、毎回鬱陶しい。

まだ秀でた政治が行われていれば文句も言わないが、
こんな政局、国の状態で、選挙結果に速報レベルの関心はない。
少なくても速報では不要、あとで知り得れば問題ない。

ネット社会となり、情報は選択する時代。
不要な情報を、自動的にインプットしようとするニュース速報はいらない。

大河ドラマ江スタート

こんにちわ。

今夜からNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』が始まる。

戦国時代好きとしては、非常に楽しみにしてたドラマ。
以前から待っていただけに、いよいよという感じ。

とにかく、ドラマの主人公である江の激動の人生が凄過ぎる。
あらためて、江の3等親以内の身内をあげても、ざっとこんな親族。

・浅井長政(父)
・市(母)
・淀(姉)
・初(姉)
・織田信長(市の兄)
・柴田勝家(市の再婚者)
・佐治一成(配偶者1)
・豊臣秀吉(淀の配偶者)
・豊臣秀勝(配偶者2)
・豊臣秀頼(淀の子&千姫の配偶者)
・京極高次(初の配偶者)
・徳川秀忠(配偶者3)
・徳川家康(義父)
・徳川家光(子)
・千姫(子)
・春日局(家光の配偶者)

すごい顔ぶれ、、しかも豊臣と徳川は大阪の陣で戦ってるからな~。。
これが実話だから、、壮絶な人生だ。

たぶんこのドラマを見れば、戦国時代の半分は理解出来るんじゃないかと。

因みに、今回の『江~姫たちの戦国~』で大河ドラマ50作目らしい。
記念ドラマに相応しい作品になるよう、期待したい!

M-1GPファイナル

こんにちわ。

今年で最後の開催となった『M-1グランプリ』。
『笑い飯』優勝で終了。
まさしく、筋書きのあるドラマ・・・。

まあ、悪くは無かったと思うけどね。。
批判、というか否定派も多いけど、彼らは悪くはない。

この番組の価値を低めてしまったのは、2年前の『NON STYLE』の優勝。
絶頂期の『オードリー』『ナイツ』を抑えて、面白みのないネタで頂点に。

前年、吉本ではない『サンドウィッチマン』が優勝しただけに、
2年連続、吉本以外での優勝は有り得なかったのだろう・・・。
例え、出来レースがなかったとしても、結局は吉本の番組か、
と疑いを持ってしまう、冷めてしまった結果だった。

にしても、繰り広げられるネタは面白く、毎年楽しみにしていた番組なので、
終了してしまうのは残念。
『Y-1(吉本-1)GP』だったら公平だし、開催してくれないかな。。

『エンタの神様』と共に、お笑いの一時代を築いた番組ではあったと思う。
お疲れさまでした。

24時間偽善番組

こんにちわ。

夏、今年もやってますね、24時間偽善番組。

チャリティー番組として大層なコンセプトを掲げているが。
実態は、募金の数割を日テレや読売グループ、出演者達の利益に供している。

まさしく『金は読売を救う!』。

もし本当にチャリティーを行いたいのなら、
必ずしもこの偽善番組のイベントと通して募金する必要はない。

チャリティー活動は世の中に幾らでもある。
自ら調査し、心から共感できるチャリティーに貢献すべきだ。

因みにこの番組、チャリティーと謳ってながら、出演料が発生している。
海外のチャリティー番組は無償が当然、考えられない事だ。
そのため、ビート・タケシ等、共感出来ない多数タレントが出演を拒否している。

以前、日テレが発表したコメント。
「拘束時間が長い人など一部の人のみ謝礼として通常の数割程度の額を渡す」。

つまりだ、長時間出演している徳光和夫は、
毎年24時間足らずで数百万円のギャラを手にしている事になる。
その元手は勿論、善意で集められた募金。

それでも、この偽善番組に共感しますか?

家庭<宇宙=美談!?

こんにちわ。

先日、日本人2人目の女性宇宙飛行士の方が話題となっていた。
無事帰還されて何よりだったが、過熱報道にちょっと違和感が。

その方について詳しく存じ上げないけど、夢である宇宙飛行のため、
夫は会社を辞め、一時は離婚を考え、家庭崩壊の危機もあったらしく。

それでも成し遂げた宇宙への想いを、美談として報道している番組が多かったが、
皆が絶賛する程素晴らしい事なのか・・・。

人生一度だからやりたい事をやる、という考え方はオレも賛成。

でも多くの人が、夢を諦めて、でも生きている。
華やかでは無いかもしれないけど、やりたい事を我慢して、
家庭や生活を優先して、頑張って暮らしていく姿も素晴らしいと思える。

別に否定するつもりは全くないけど、
彼女は自分のやりたい事をやっただけ、としか思えないんだよね。。

まだ宇宙飛行が限られた人しか経験できないのは事実だけど、
帰還の様子を、速報として一斉に報道するまでの事か・・・と思ってしまった。

なんか自分は、価値判断がズレているのかな・・・?

壮絶なシャトル発射

こんにちわ。

たまたまネットで見つけた映像。

題して、『世界の終りみたいなシャトル発射風景』。

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p96cdfdf383e5d84614dc3d2ba54dfee2

ほんと、見た事のない、凄い映像。
是非PCでご覧下さい。。

茶髪で葬儀とフジTV

こんにちわ。

芸能ネタより、ちょっと疑問に思った事。

先日、元モーニング娘。の後藤真希さんの母親がお亡くなりになった。

元々、父親を幼い時に亡くしたという彼女。
愚かな弟に芸能人生を翻弄され、母親までも若くして亡くしてしまった。
しかも報道では、自殺という事でした。

特に彼女に対し、好き嫌いという感情はなかったけど、
早く立ち直って元気になって、頑張ってほしいと思いました。

その彼女が母親の葬儀に出席した時、フジテレビのあるニュース番組が
『後藤真希、茶髪で母の通夜に』とテロップを出したそうで。
直後、ネットでちょっと話題になってました。

不幸な出来事で、精神的にギリギリの状態であったであろう彼女。
そんな辛い立場の彼女に対し、イメージを悪化させるかのような伝え方。
何故わざわざ『茶髪で』なんていう不必要な文言を付け加えて報道するのか?
全く理解できない。


そもそも素朴な疑問、、『茶髪で葬儀』に出席しては絶対にダメなのか?
判らん・・・。

もしそれが社会的常識と言うのであれば、オレは完全に違反ですわ・・・。
自分だけじゃなく、妹も弟も、ウチは3兄弟アウト!
あっ、父親なんか、白髪染めに一部青っぽく染めてるんですが・・・。

ウチの実家で不幸があった場合、
フジのモラルを採用しなければならないとすると、
まず家族総出で、美容院に髪を染めに行かなければならないのか・・・。
葬儀どころじゃないな・・・。


映像を見る限り、批判されるべきは、
ミニスカ&リボンで葬儀に出席した辻ちゃんの方だと思うんだけど・・・。
そんな辻ちゃんはカリスマ主婦と呼ばれているらしく・・・。

あえて今回、後藤真希の茶髪を取り上げて批判する必要はない。
そもそも彼女は芸能人であって、茶髪が絶対NGな職業でもない筈。


では、一つ問いたい。

日頃より事件・事故、重大な出来事を報道するニュース番組。
その原稿を読み上げ伝える、フジテレビのアナウンサーや記者に、
茶髪は一人もいないか!?

彼らの茶髪や奇抜な格好こそ、報道機関として相応しくないと思える。

深夜のスポーツ番組でも、お互い下の名前で『ちゃん』付けで呼び合うフジのアナ。
それこそ強い違和感を感じる。

モラルから外れているのは、どっちであろうか・・・。

行政書士ドラマ

こんにちわ。

またまたメディアのお話。

TBSで新しく始まった『特上カバチ』というドラマ。

『仁』の後の日曜9時枠でやっていたため、なんとなくの流れで
第一回を見てしまったけど、あまりのくだらなさに一回で見るのを止めた。

行政書士をテーマにしたドラマだけど、余りにも行政書士の範囲を逸脱した内容。
やってる仕事は弁護士だよね。。
これ、法律違反だよね~?
行政書士が法を犯しちゃまずいでしょう(苦笑)。。

ドラマでは、華やかに面白可笑しく描いてるけど、本来の行政書士は、
裏方的な業務が多いながら、貴重で大きな役割を担っている仕事。
作り手は仕事のやりがいを勘違いしていると思える。

雇用が大きな社会問題となっている近年。
正しい職業感、そして仕事の正しい魅力を伝えるのもメディアの役割なはず。

こういう間違った認識のつまらんドラマを放送してると、
益々テレビ離れが広がると思うよ。

NHK大河ドラマ2011

こんにちわ。

メディアのお話を。

2011年のNHK大河ドラマ「江(ごう)~姫たちの戦国~」。
好きな戦国ものを題材にしており、
特に歴史の表裏を知る女・江を取り上げる大河ドラマに今から楽しみにしてます。

その主演が上野樹里に決定。

織田信長の姪・・・
浅井長政・お市の方の娘・・・
豊臣秀吉の甥の妻・・・
淀・初の妹・・・
徳川秀忠の正室・・・

そんな戦国一数奇な運命を辿った女が『のだめ』ですか・・・。
どうもイメージが・・・。
信長に「こゆことですかぁ~~」なんて言いそうな気が・・・。

まあ意外にもハマる事を期待しましょ。。

プロフィール

kei

Author:kei
スポーツ好きで、特に熱烈な
東京ヤクルトスワローズファン。
神宮中心に各地遠征もしてます。
又サッカー日本代表やFC東京・
ヨーロッパサッカーを観戦したり、
テニス・ゴルフ・卓球・スノボー
などの活動をしたり。
スポーツを中心に日々の活動・
想いなどを更新していきます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
4391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
597位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ガンダム名言集
浜崎あゆみ 名曲集

presented by
Youtube音楽PV
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。