スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大健闘のベスト16

こんにちわ。

試合終了直後は悔しさもあったけど・・・。

大健闘に拍手!
4戦全てが素晴らしい戦いだった。

PK負けは仕方ない。
駒野は悪くない。

ベスト8はやはり簡単ではなかったけど、希望を持たせて貰った。
それだけで十分。

各選手、胸をはって各所属クラブへ戻って欲しい~。

有難う、日本代表!


スポンサーサイト

ベスト8へ

続き。

さあ行け~!
間もなくキックオフ!

100629W杯日本戦

ベスト8をかけて

こんにちわ。

日本代表がW杯に出場している。
自分が小さかった頃、現実ではない事だった。

更に、W杯で決勝トーナメントへ進んだ。
想像すら出来なかった。

そして今、本気でW杯ベスト8を狙おうとしている。

・・・・。
言葉にならないくらいの挑戦だ。

今日はこれから、家の近くのスポーツバーへ。
多くの人達と喜びを共感したく!

あと2時間弱でキックオフ!

『W』サッカー&テニス

こんにちわ。

深夜、、W杯サッカーとWimbledonテニスをWで観てます。。

W杯サッカーは、ブラジルvsチリ。
Wimbledonテニスは、Williams(ウィリアムス)vsシャラポア。

どちらも注目の対戦です。

因みに、プロテニスは女子派。
ラリーが続くから、観ていて面白い。

男子は、選手よく分からんし、殆ど興味なく。
でもWilliams姉妹対決だと、パワフル過ぎて殆ど男vs男・・・。

っていうか、Wでこんな注目の試合をやってるから、また寝れない・・・。
っていうか、Wで観てるから、深夜に余計目が疲れる・・・。

100629W杯&ウィンブルドン

朝鮮半島代表チーム

こんにちわ。

今回のW杯において、韓国と北朝鮮が史上初めて同時出場を果たした。
歴史的な事だった。
両国共、既に戦いを終えたが、試合内容は見事だったと思える。


韓国代表は、史上最強チームという高い前評判で大会に臨んだ。

その前評判通り、グループリーグを突破し、見事決勝トーナメントに進出した。
戦いは見事で、結果も充分残したけど、何かもう一つ強さに欠けた気もした。

今回のチームは、従来の韓国代表の特徴である、強さや速さに加え、
テクニックに秀でた選手が多い印象を受けた。

それ故に、史上最強という評価を得られたかもしれないけど、
FW、特にセンターFWの強さ・怖さが少し足りなかったとも思える。

歴代のセンターFW、黄善洪(ファン・ソンホン)や薛ギ鉉(ソル・ギヒョン)、
李東國(イ・ドングク)等は、日本の相手とした時、非常に怖さを感じた。

今回のチームに、黄善洪の様な決定力のある選手がいたら、
更に上のステージにいっていたかもしれない。

それでも、あの高い技術に、スピード、そして強い精神力は、
若い選手も多いだけに、ライバル国として、やはり今後の脅威となる。


一方、北朝鮮代表チームは、結果3戦全敗だったと言え、よく戦ったと思える。

特に、鄭大世(チョン・テセ)はアジアでも屈指のFWだと証明された。

そして初戦の国歌斉唱の時、彼が号泣しているのを観て、心打たれた。
安英学(アン・ヨンハ)もそうだけど、在日朝鮮人として、
背負っているものの、大きさの違いを感じた・・・。

全体的にも、他の北朝鮮国内で活動している選手も含めて、
よく鍛えられているな~というのが率直な感想だった。

対外試合が限られた国でハンデがある中、選手個々の身体能力は高いと思えた。


そんな朝鮮半島の両国だけど、
いつの日か、統一チームとしてW杯に出場する日がやって来るのであろうか。

今の体制では絶対にあり得ないと思えるけど、
ソ連解体やドイツ統一は、その僅か2~3年前に、殆ど誰も予期出来なかった。
因みに、ベルリンの壁崩壊から僅か7ヶ月後、統一ドイツは90年W杯を制した。

もし今、朝鮮ナショナルチームが出来たなら、
単純に現韓国代表チームに、鄭大世が加わるだろう。
それこそ、アジア最強チームとなる。

そして、永遠のライバル日本とは、壮絶な戦いとなるであろう。
真の『竹島ダービー』・・・観てみたいものだ。

W杯は、単にサッカーに留まらない。
いろいろ考えさせてくれる、、だから面白い。

南アW杯決勝Tへ

こんにちわ。

W杯も予選リーグが終了し、決勝トーナメントへ突入。

勝ち残った16ヶ国の内、南米は参加全5ヶ国が進出。
ブラジル、アルゼンチンが脚光を浴びるが、今回の南米勢は全チーム強い。

早速ウルグアイが8強一番乗り。
アルゼンチンも強豪メキシコを寄せ付けず。

今大会は、南米からチャンピオンが出ると予想しているけど。
そんな南米のパラグアイと対戦する日本、厳しいけど頑張れ!

一方、苦戦したのが欧州勢。
6ヶ国が16強入りしたものの、フランス・イタリアなどの強国が予選敗退に。
やはり欧州勢は、ヨーロッパでの大会でないと活躍出来ないのか・・・。

決勝トーナメントの組合せも皮肉なもので、6ヶ国がそれぞれ対戦。
ドイツvsイングランドは、誤審が影響し、イングランド敗退。
スペインvsポルトガルはどうなるか、、ここで対戦してしまうのは惜しい。。

同じく予選で苦戦した地元アフリカ勢。
結局勝ち残りはガーナ1ヶ国のみ。
アフリカ希望の星として8強入りしたガーナは、どこまで進出できるか。

北中米の常連、アメリカ・メキシコ2ヶ国は順当に決勝Tに進出したものの、
共に1回戦敗退で北中米勢は姿を消した。

そしてアジア2ヶ国、韓国と日本。

韓国はウルグアイ相手に健闘したものの、あと一歩だった。
韓国については、また別途ふれたい。

そしてアジア最後の砦となった日本。
明日の決戦、さあどうなるか~!

まだまだW杯は続く~~。

乾杯ギネス記録達成!

続き。

『同じ場所で一斉に乾杯をした人数』のギネス世界記録、更新企画。

ビミョーと思ってた企画だけど、意外と盛り上がり。
記録も27,126人と、従来の26,564人を抜き、記録達成!

いや~、良かったよかった。。
良かったけど、、スワローズファンだけで記録を更新出来るような
人気チームになって欲しいものです。。。

100626神宮2

100626神宮3

100626神宮4

観戦記2010/06/26vsT

こんにちわ。

終盤の見事な逆転勝利!

イヤ~~スカッとした~!
バカ虎相手、しかも満員の神宮球場の中でだから余計、気分爽快~!

今日も終盤まで劣勢。
その要因は、明らかな采配ミスだった。
エンドラン失敗に、継投も裏目に。

そんな首脳陣を救ったのは、
先日自らのミスで首脳陣から批判をあび、出番を失ったヤスシ。
そんなヤスシの先制タイムリーに続く、見事な逆転2ラン!

そして駄目押しとなる、ホワイトセルの来日1号HR!
打撃・守備とも、HRの打席までは全くダメかと思えた。。

でも低めの球を救いあげる、凄過ぎるHR。
あれだけ低い球をHRにするのは、他では小笠原くらいじゃないか。。
もしかしたら、出来立ての応援歌の通り『燕を救』ってくれるのか!?
とにかく期待したい。

土曜のデーゲーム。
試合終了後は時間たっぷりの、気分の良い打上げとなりました~!

【2010/06/26】セリーグ公式戦
S4-2T
S(勝)松岡(HR)飯原、ホワイトセル
T(負)西村(HR)なし
神宮球場

100626神宮5

100626神宮6

100626神宮7

10時間爆睡→神宮

こんにちわ。

結局昨夜は、ブラジルvsポルトガルの前半で限界を迎え。

その後10時間爆睡。
当然、スペインvsチリも見逃し。

で、起きたら結局神宮へ。

因みに、カンパイ企画は失敗すると思うんだけど・・・。
でも予想ハズれても、誰か様みたいに謹慎はしませんよ・・・!

100626神宮1

観戦記2010/06/25vsT

こんにちわ。

限界となりました。
おやすみなさい・・・。

【2010/06/25】セリーグ公式戦
S4-9T
S(負)バーネット(HR)なし
T(勝)久保(HR)なし
神宮球場

100625神宮3

プロフィール

kei

Author:kei
スポーツ好きで、特に熱烈な
東京ヤクルトスワローズファン。
神宮中心に各地遠征もしてます。
又サッカー日本代表やFC東京・
ヨーロッパサッカーを観戦したり、
テニス・ゴルフ・卓球・スノボー
などの活動をしたり。
スポーツを中心に日々の活動・
想いなどを更新していきます。

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
5528位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
723位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ガンダム名言集
浜崎あゆみ 名曲集

presented by
Youtube音楽PV
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。